FC2ブログ

yaroespage::weblog

自作パソコンとその他もろもろの、ヨモヤマバナシです。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
FC2 managemented

ZO-3改造デスシリーズをまとめ読み!

 さてさて、前回はテキトーな振りで終わらせちゃいましたけど(いつもですけど)、今回は、その前回を受けまして、FERNBANDES ZO-3にFERNANDES RB-3000を内蔵しちゃうお話デス。

 いや~ん、うふ~ん。

 さて(つとめて冷静に)、オーバードライブもしくはパワーブーストを実現する回路「RB-3000」ですが、添付の説明書は、な、なんと↓のような紙が1枚入ったっきりです。

ZO-3の配膳図デス

 超縮小画像で申し訳ないのですが(著作権がうんぬん言われたら気ぃ悪いのでワザと縮小してますネ)、取り付けるのが「ストラトキャスターの場合」と「レスポールの場合」の2種類の配線図しかないので、ZO-3の場合は想像するしかないワケでございます(当たり前か!)。

 まあ、なんとなく伝わってくる設計者の意図を一生懸命汲み取りますれば、ピックアップからの信号をハイジャックしてオーバードライヴン(もしくはパワーブーステッド)した後に正規の回路に戻して差し上げなさいと、まあこういうことではないかと。

 ハイジャックという単語から犯罪を想像されるとしたら困ります。
 要はちょ~っと情報を掠め取り、ひとしきり加工した後で元の鞘に戻してあげればよいだけのことデス。
 その後の回路(アンプさんとか)にしてみれば、生のデータか加工後のデータかは知ったこっちゃないわけですから、騙されている・・・ごほ、ごほ、誰にも迷惑はかけておりませぬでございますでしょでございます。

 で、RB-3000に同梱されたボリュームは、ボリュームの軸の部分を「引っ張ったり」「押したり」でスイッチが「ON」「OFF」できるギミックが付加された作りになっていました。

 我がZO-3としましては、オーバードライヴンな状態をデフォと位置づけたいということで、軸を「押し込んだときオーバードライブ(もしくはパワーブースト)」、「軸を引っ張ったときにはノーマルな音を出す」というように配線することにしました。

ZO-3のトーンスイッチ配線

 RB-3000は小さいのでスピーカーの横のどこにでも入りますのでテキトーに収めてしまいます。

 ということで、RB-3000をZO-3に内蔵したところの写真は割愛いたしまして(誤解しないでよ!写真を撮り忘れたからとかじゃないんだからね!)、ボリュームを取り付けたところの写真が↓デス。

ZO-32つ目のボリューム搭載(キャップなし)

 前回の記事に書きましたが、新しいボリュームは、モトからあったボリュームとスイッチのちょうど真ん中ではなく、若干(5mmほどですが)スイッチ寄りに取り付けています。

 そのため、↑の写真だけ見ると、なんとなくぶっさいくな工作に見えてしまうことでしょう。

 だが、しか~し!

 ここでおもむろに、「つまみ」(つい最近、近所にできたイオンモールに出店している島村楽器で買ったボユームノブのことデス)を取り付けるとこうなります(↓の写真)。

ZO-32つ目のボリューム搭載(キャップあり)

 わ~うぉ♥

 ということで、弾いてみましょう!

 ヴァヴァォ~ン(オ~ン、オ~ン)。

 うっ、くぅぅぅ。

 いいカンジです。

 値段(2,500円)の割には。← (妙に冷静)

 ちなみに、この回路、しつこいくらい何度も書いたとおりオーバードライブとパワーブーストの2種類の動作が可能なんですが、それらは3つの端子の結線の仕方により選択できるようになっています。

 で、今回はオーバードライブになるように接続しましたが(違いが解らなかったのです。ぐっすし)、これを選択できるようにスイッチを増設するのも吉デス。

 ということで、週末にでもスイッチ(ON-OFF-ONが2回路あるヤツ)を買ってきて追加改造しちゃおうカナとおもってます。

 いずれにしても、「音楽を演奏したい気持ち」と「電気回路をいじりたい気持ち」の両方が満足できるエレキギターってい~もんですね~。

スポンサーサイト
FC2 managemented

初めてご連絡させていただきます
まさしく探し求めておりましたタイムリーな改造の話題です
10年ほど前に購入したZo-3を最近キャンプでアコギとのセッションに使用しており
次回盛大なBBQでバンドセッションをと考えており、オーバードライブ内臓したいなー
との検索でヒットした次第です

オーバードライブ、パワーブースト
選択可能なスイッチ増設(ON-OFF-ONが2回路あるヤツ)
の掲載を心待ちにしております

2年ほど前に近所にイオンができ、島村楽器があります
まさか...ね

2009.07.02 22:42 URL | TAKIBI #- [ 編集 ]

うぃっす!
検討します!

> まさか...ね
当方広島なので、残念ながらちゃいますね。

2009.07.14 22:04 URL | Henry (管理人) #- [ 編集 ]

とりあえず回路「RB-3000」購入して
スタンバッテっておきまーす

2009.07.16 00:15 URL | TAKIBI #- [ 編集 ]

はじめまして、ググってたらたどり着きました。

私、ハンダ付けはできるけど、
電気はちょっと?程度の知識(機械屋なもんで)なのですが、
この配線は難易度高いですか?

実物と付属の回路図をじっくり見れば、理解できそうなら、挑戦したいんですが。


こういう類の記事を見ると、電気が得意な方は色々楽しそうだなーと思います。

2009.08.16 14:41 URL | jose #JPG8Eu66 [ 編集 ]

ハンダ付けができるということであれば、大丈夫ですよ。
だって、完成品を配線するだけですもん。
問題は、電気工作より木工工作です。
ボリュームが1個増えます。
配線の失敗は隠せますが、木工工作の失敗は隠せませんから。
ま、それも「味」ですけどね(笑)。

2009.08.18 19:57 URL | Henry (管理人) #- [ 編集 ]

>ハンダ付けができるということであれば、大丈夫ですよ。

そうですか、挑戦してみようかなぁ・・・。

ついでに教えて君で申し訳ないんですが、
オーバードライブかけた音は、内蔵スピーカからしか出ませんよね?
OutジャックにはピックアップからVolを介した音がアウトプットされていて、
アンプを通らない(だからOD回路も通らない)と理解しているのですが。

Outからも出したい時は、OD回路後の出力も、Outジャックに入れれば良いのでしょうか?
(その場合クリーンとODの両方が出力されるのかな?)

2009.08.18 23:32 URL | jose #JPG8Eu66 [ 編集 ]

質問の件ですが、本文を読み返してみると、ピックアップからアンプ基盤につながっている線を切断して、そこにオーバードライブ(OD)回路を追加しているようです。
(他人事のように書いて恐縮ですが、2ヶ月も前のことなので、うろ覚えなのです)。

であれば、ODのボリュームツマミを押下したら(本文にあるとおり押下で信号がOD回路を経由するように配線してます)、ピックアップからの信号は従来のZO-3回路に入る前にOD化されます。
なので、出力先がスピーカだろうと、ヘッドホンだろうと、Outだろうと、OD-OnならOD化された音が、OD-Offならノーマルな音が出てくるハズです。

ただし、↑はメインスイッチをOnにした場合の話です。

実は、私はOD回路に常に電源が供給されるよう回路を組んでいます。(今日知った)。
ODボリュームの押下は、OD回路の経由/非経由を切り替えているだけなのです。
よって、メインスイッチがOffの場合でも、ODボリュームを押下すると、OutはOD化されます。(つまりメインスイッチではなくアンプ電源スイッチなんですね。OD回路は24時間電源On。電池がよく持つもんだ・・・ってホント他人事っぽいデスね)。

逆に、エコに目覚めて、OD回路への電源供給もメインスイッチに連動するように配線した場合、ODボリュームを押下した(OD回路を経由する)状態でメインスイッチOffにしたしまうと、スピーカ、ヘッドホンはおろか、Outも出力されなくなります。(当然、ODボリュームを引上げる(OD回路を経由させない)状態にすれば、Outにのみ音が出ます)。

なお、私のような「ODは常に電源On」配線でも電池切れすると同様のことが起こります。
joseさんのように狙ってOutにOD音を出したいのでなければ(Out→エフェクタ→ギターアンプとかの場合)、ODボリュームスイッチはOff(OD非経由)が吉ですね。

2009.08.20 02:00 URL | Henry (管理人) #- [ 編集 ]

詳しい説明ありがとうございます。

なるほど、なるほど。
PU→OD回路→ZO-3のVol→Amp./Out
になってるわけですね、それでODの回路をスイッチで経由したり、しなかったりと。
ODは24時間オンてのは盲点でした(w

トグルスイッチをON-ON-ON型に変えて、2回路の物使ったら、
OD回路の電源OFFもできそうな感じですね。


OD回路を色々と調べてたら、スモーキーアンプの自作にたどり着きました。
↓たとえばコレ。
http://www.hachigamenet.ne.jp/~ty0417ky/NISSI14.htm

LM386というアンプICって、まさにRB-3000と同じ動作ができるみたいです。
もうちょっと調べてみて、RBを買うか、回路から作ってしまうか検討しようと思います。

色々と詳しく説明、ありがとうございました。

2009.08.20 09:57 URL | jose #JPG8Eu66 [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2018.04.03 16:32  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yaroespage.blog121.fc2.com/tb.php/78-b6b439ac

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。