FC2ブログ

yaroespage::weblog

自作パソコンとその他もろもろの、ヨモヤマバナシです。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
FC2 managemented

 前回は玄人志向の「玄箱」を買ってきてLinuxを入れ替えたというハナシでした。

 ということで、現状はタダのLinuxボックスです。

 NASとして使うならファイル共有をさせなければいけません。

 我が家でNASとして生きていくためには、Windowsの相手ができなければならないわけでして・・・って、もったいつけなくても分かりますよね。
 Sambaの再登場です。

 前回からドエライ長い更新間隔があるのですが、物語的な時間間隔はほぼゼロです。
 そのつもりで読んでください。
 (遅筆でスミマセン・・・)。

 さて、sambaをインストールしましょう。

 今回の作業については玄箱 Debianサーバ構築メモが大変参考になりました。
 この場にてお礼申し上げます。

 Debian GNU/Linuxにはdselectという非常に便利なツールが入っています。 Windows XPにおける「プログラムの追加と削除」みたいなもんで、Debianで使うパッケージのインストール・アンインストールを一元的に管理できます。

 ただこれも諸刃の剣なんです。
 dselectはコンソールで動作するアプリケーション(コマンドと呼んだほうが雰囲気を理解してもらいやすいカナ?)ですから、あの文字だけの世界で動作するアプリケーションなんです。

 そんな状態で、Debian GNU/Linuxの膨大なパッケージがすべて表示されちゃうんですよ。

 想像してみてください。
 スクロールしても、スクロールしても、スクロールしてもまだスクロールすんです。

 地獄です。

 なので、ちょっとしたアプリケーションの追加は、apt-getを使うワケです。

 でも、非常に残念ながらSambaはちょっとしたアプリケーションではありません。
 第03話でもちょこっと書きましたが、SambaにはSWATがセットです。
 また、いろんなドキュメント(説明文)も付いてきます。
 それに、インストールしたらこれだけは必ず設定しておかなければいけないという項目がいくつかあります。

 そういったことも、dselectでインストールすれば、パッケージ同士の依存関係を教えてくれたり、初期設定をフォローしてくれたりするので、面倒くさくてもdselectを使ったほうがよいシーンもあるんです。

 そうじゃなきゃ、諸刃の剣じゃなくて只の剣ですからね(笑)。

 ということで(面倒くさいシーンはカットしま~す)、めでたくsambaがインストールされました。
 さっそく、動作するか確認してみましょう。

 Windows側からSWATに接続してみます。
 玄箱のIPアドレスはDebian化キットの初期設定ままの192.168.0.100で運用していますので、Internet Explorerを起動してhttp://192.168.0.100:901へ接続します。

 おお! 表示されました!

 しかし、英語です。

 なんか間違えたんでしょうか?

 Debian自体は日本語環境になっていましたから、てっきりSamba/SWATも日本語版パッケージが入ると思ったんですが・・・。

 まあ、SWATが英語でも、日本語のファイルが共有できることには変わりありませんから、深く悩まないことにします。

 まずは、基本設定の確認です。

 dselectでインストールした直後に必要最小限の設定をさせられましたので、ワークグループ名や暗号化パスワードに関する設定はキチンとなっているはずですが、念のためにチェックしておきます。

 Windows NT4.0/2000/XPが1台でも参加しているなら、「暗号化パスワードを使う」にしておかないと悲しい目にあいます。

 コードページはFedra CoreじゃないのでEUCでOKです。

 Fedora Coreは、第03話でも触れたように、Unicode(UTF-8)です。

 次は、共有の設定です。

 玄箱の共有フォルダとしては、/mnt/shareと/mnt/share-macのふたつが、最初から作成されています。
 どちらを共有フォルダに設定してもいいんでしょうが、後者を使おうとするとナゼだか強いプレッシャーを感じます(笑)。

 ということで、ここはげんをかつぐ意味を込めて/mnt/shareの方を利用することにしました。

 コンピュータの世界って科学的に説明しづらい不思議なことがよく起こりませんか?
 故障したと思ってサービスマンを呼ぶと直るとか、置く場所を変えただけで使えなくなるとか、オレンジ色の置物を置くとバグがなくなるとか。
 (最後のはウソです)。

 ということで、使わない/mnt/share-macは消してしまっても良いのでしょうが、同様の理由で、消さずに残しています。

 あと、Guest接続を認めるかについてですが、基本的に家庭内LANですので、他人が共有フォルダにアクセスしてくることはないわけで、Guestは許可しないにしました。

 Windows側でも、Guestアカウントは停止しています。
 いちおうWindowsが共有に使うポート番号への接続は、ブロードバンドルータでフィルタリングしていますが、念には念を、です。
 なので、SambaでもGuestは使いません。
 これが我が家のセキュリティポリシーです。
 (コレが原因でハマったのですが、それについては後述)。

 次は、Sambaのユーザを設定します。

 先に挙げた理由で、Linuxの一般ユーザとして我が家の3台のWindows PCのユーザ名と同じユーザ名のユーザを作成し、それをそのままSambaユーザに設定します。

 パスワードもまったく同じにします。
 こうすることで、共有フォルダにアクセスしようとしたときにWindowsが勝手に送りつけるユーザ名とパスワードでそのまま共有フォルダにアクセスできますし、アクセスログとかの管理も(見るかどうかは別にして)ユーザごとにできますし、コレで正解でしょう。

 ということで、SWATでやることはひととおり終了です。

 さて、Windowsから玄箱の共有フォルダを開いてみましょう。。

 マイネットワークを開いていくと、でてきました。
 KURO-BOX server (Samba 2.2.3a-14.1 for Debian) (Kuro-box)

 長い~!

 まあ、接続できてますので気を良くしてネットワークドライブにします。

 ドライブレターはShareの'S'です。

 で、マイコンピュータを開くと、でました。
 'KURO-BOX server (Samba 2.2.3a-14.1 for Debian) (Kuro-box)' の share

 長い~!

 まあ、普段はS:¥でアクセスできますから説明書きが長かろうと短かろうとどうでもいいんですが。

 さあさあ、フォルダを作ってファイルの転送です。

 ガンガンいきましょう!

 80GBのHDDです。
 2GBをシステム用、256MBをスワップ用としてとられましたけど、残りの70数MBは全部共有ですから、ガンガン転送しましょう。

 Windowsのファイルコピーの状況表示はあと128分とか169分とか言ってますが、好きにしなさい!

 この間に、妻PCから共有アクセステストです。

 同じく、マイネットワークに長い名前が表示されています。

 ダブルクリックすると、問題なく共有フォルダが開きましたので、俺PCと同様に、ネットワークドライブ設定で「Sドライブ」にておきます。

 しめしめ、です。

 で、まんまとSドライブになった共有フォルダの中にある先ほど俺PCで作ったフォルダを開くと、俺PCから転送されたファイルが表示されました。

 ファイルをダブルクリックするとちゃんと開きます。

 いい感じです。

 ということで、そのファイルを閉じ、せっかくだから妻PCからも共有フォルダにいくつかのファイルを放り込もうとしたところ・・・。

 !!

 できません!

 俺PCで作ったフォルダには妻PCからファイルをコピーできません!

 アクセス拒否されちゃいます~。

 俺PCで作ったフォルダの外(つまり共有フォルダ直下)になら妻PCからファイルをコピーできるんですよ。

 でも、俺PCで作ったフォルダの中にはコピーできないんです。

 困りました。

 共有できない共有フォルダって、いったい何の価値があるの!?

 ということで、どうなる俺!
 以下次号!

初出:2004/12/14
加筆・訂正:2004/12/16

スポンサーサイト
FC2 managemented












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yaroespage.blog121.fc2.com/tb.php/5-b3322f31

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。