FC2ブログ

yaroespage::weblog

自作パソコンとその他もろもろの、ヨモヤマバナシです。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
FC2 managemented

 先日、弟のPCが動かなくなったってことで預かって調べてみたんですが、これが原因不明でして、電源入れても各種パーツは動作しているようですし、CPUファンも回ってるのですが、PCはいっこうに起動しないのです。

 画面が表示されないどころか、「ピコッ」ていう音も鳴りませんから、こりゃCPUかマザーボードのどちらかが逝っちゃったんだろうって結論に達しました(九割方マザーボードだろうと思いますが)。

 Athlon XP 1600+システムなので、直すといっても中古市場にしかないわけです。

 実は(不思議なことに)我が家には動かないCPUとマザーボードの組み合わせがもう2組あるんです。

 ひと組は、友人pからもらったCeleron 2.8GHzとGIGABYTEのi845マザーボードで、もうひと組は、会社関係の人で、いろいろとパーツ類をいただく方からいただいたPentium4 2.8EGHzとASUSのi865マザーボードです。

 どちらも、時は違えど今回の我が弟と同様の症状となり、2人とも修理というかパーツを新調されまして、余ったのをジャンクとしてもらったワケです。

 わたしは今までこういう経験をしたことはないので不思議なんです。

 いままで何度となくPCのパーツ交換(グレードアップ)を行ってきましたが、すべて趣味的に自発的にPCグレードアップするためにパーツ交換しており、こういう“不思議な現象”の経験はすべて他人様のPCで経験させていただいているのです。

 いや、たった一度だけ、CPUをヤキトリにした(CPUクーラが不完全に取り付けられた状態で通電して壊した)のが原因でパーツを買い換えたことがことがあります(泣)。
 でも、それって原因不明じゃないですから、やっぱ不思議ですわ。

 いずれも死んでるのはマザーボードで、CPUは生きてるっぽいので、弟には「どうせ中古のマザーボードを買うなら我が家のPentium4を提供するぞ」って言ったんですが、なんだかんだで、結局、「修理をかねてパーツをグレードアップすることにした」と言うので、先の週末にPCパーツを一緒に買いに行ってやりました。

 購入したのは、Pentium Dual-Core E2160(1.8GHz)とMSIのG965マザー、PC2 3200のメモリ2GB(1GBx2)とSATAのHDD(320GB)です。

 メモリの買い替えは仕方がないとして、HDDも同時に買い換えたのは理由があります。

 Intelのチップセットは、ICH8からIDE(パラレルのATA)のサポートがなくなってしまったのですが、DVDドライブはまだまだIDEが主流のため、マザーボードベンダが独自の仕様でIDEポートを搭載している状況です。

 そのため、「できるならメインのHDDドライブはSATAで接続させたほうが良いよ」とIDE-SATA変換コネクタを薦めたワケです。

 とはいえ、変換コネクタも2500円くらいするわけで、結局、「容量アップもかねてHDDを新調するよ」となったわけです。

 で、購入したのは遅い時間だったので、その日は「来週までに組みたてといてやるから」ということで、組み立ては別の日に行いました。

 いやあ、久しぶりのIntelシステムはナンギでしたよ。

 ・・・と、ここまで書いといて、続きは次回!

スポンサーサイト
FC2 managemented












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yaroespage.blog121.fc2.com/tb.php/37-fd6c3625

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。