yaroespage::weblog

自作パソコンとその他もろもろの、ヨモヤマバナシです。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
FC2 managemented

 サンバ! サンバ! サン、サン、サ~ンバ!(ハッ ハッ)

 JASRACとモメたくないので曲については読者の脳内でお願いしますね(笑)。
 ・・・って、元ネタがなんの歌だか分からないですって?
 (*ためいき*)
 昭和は遠くになりにけり・・・ですか・・・。

 ということで、今回のお題は「Samba」です。

 「4GB程度のHDDしか持たないノートPCをWindows向けファイルサーバする気なの?」ですって?

 何をおっしゃるウサギさん。
 私とて正気は保ってございますよ。

 SambaってのはLinuxのファイルシステムをWindowsからアクセスできるようにするだけでなく、Linux側からWindowsの共有フォルダにもアクセスできるようにする優れものサービスなんですよ。

 実は今回はじめて知ったんですけどね。

 ごっほん!

 ということで、まあ、Fedora Core 2では4枚もあるCD-ROMにSamba 3.0が収録されています。
 例の赤い帽子のボタンからメニューをたどって「プログラムの追加と削除」を選択すると「パッケージの追加と削除」が起動しますので、表示された項目からSambaを探しあて必要なパッケージにチェックを入れれば、CD-ROMからインストールが開始されます。
 ヒジョーにカンタン!

 Windowsライクで非常にカンタン便利なのは嬉しいんですが、名前くらいは統一しておけよって感じです。

 注意事項としましては、sambaサーバだけではなく、sambaクライアントにも忘れずにチェックを入れておくことくらいですか。

 ややあって、インストール完了。
 さあ、これでWindows側の共有フォルダにアクセスが可能になります。

 SWATと聞くと、Put your hands up! drop your knees! do it!と叫びたくなるのは、FPSゲームのやりすぎな私だけで、Linuxの世界では「Samba Web Administration Tool」・・・つまり、「SambaをMozillaやInternet ExplorerのようなWebブラウザを使って設定しちゃお」っていうカンタン便利なツールの事を指します。

 (特に変なことをしていなければ)SWATが動作しているPCのIPアドレスの901番ポートへWebブラウザでアクセスすればユーザ認証ダイアログが表示され、rootおよびrootのパスワードを入力すればSambaの設定を行う画面が表示されるという寸法です。

 ターゲットのLinux PCにログインしている状態からはMozilla等(うちではFirefox♥)を起動してhttp://127.0.0.1:901へ接続、LAN上のWindows PCからならInternet Explorer等を起動してhttp://<Linux PCのIPアドレス>:901へ接続します。

ページを表示できません。
検索中のページは現在、利用できません。Web サイトに技術的な問題が発生しているか、ブラウザの設定を調整する必要があります。

 なんたるちあ!

 SWATへ接続できないじゃないですか!

 うちのFedora CoreではSWATが起動してないんでしょうか・・・むうう。

 なんでかなぁ・・・と、Googleで解決方法をグルグル調べていると・・・閃きました!

 よく考えたら、今回、LinuxからWindowsへアクセスするんですからSWATは必要ないじゃないですか。

 SWATはLinux側に設置するした共有フォルダにWindowsからアクセスできるようにするための設定をするためのツールです。

 LinuxからLAN上のWindowsの共有フォルダへアクセスするんだったら、smbmountコマンドでWindowsの共有フォルダをLinux側の適当なディレクトリにマウントしちゃえばOKざんす。

 ということで、あっというまにWindowsの共有フォルダにアクセスできるようになりました。

 ちなみに、ここまでの面倒くさい作業はGnomeターミナルというMS-DOSのようなコマンドモードのウインドウでrootになって行ってきましたが、いざ共有フォルダをマウントしちゃえばGNOMEのGUIでWindowsのようにフォルダアイコンをダブルクリックして開いていけるようになります。

@ITのこのページを参考にxfsを設定、まんまとFedora Core 2でMS Pゴシックが使えるようになったら、Firefoxのフォント設定で標準のフォントをMS Pゴシックにしました。

 ついでに、Serif用フォントとしてMS P明朝も設定したというのは、くれぐれもマイクロソフトには内緒ですよ。>読者さん方

 いやあ、読みやすい。
 これで安心して「布団で寝転んで2ちゃんねる」(おお!そういえばこれが目的だったんだ!)ができますよ。

 当然、速攻でMoz2chをインストールさせていただきましたともさ!

 適材適所とは、こういうことを言うんですよね。
 快哉、快哉。

初出:2004/11/04

スポンサーサイト
FC2 managemented












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yaroespage.blog121.fc2.com/tb.php/3-f641ea3a

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。