yaroespage::weblog

自作パソコンとその他もろもろの、ヨモヤマバナシです。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
FC2 managemented

 Socket AM2 製品群が発表されちゃいましたね。

 今回の俺PCのパワーアップを企てるより前からSocket AM2の情報は流れていましたが、5月中に発表されるとは「やられた。意外に早く発表されちゃったよ」って感じです。

 まあ、もたもたしてる私も悪いんですが、購入したパーツを組み立てる前に新製品が発表されちゃったのはショックですわ。

 ナハハ(力ない笑い)。

 まあ、Socket AM2へ移行となるとメモリは買い替え必須ですし、マザーボードやCPUの値段も割高になるでしょうから、7万円の予算内には収まらなかったでしょうから、これでいいんデス。

 とうことで、尻に火がついた私は、20ピン→24ピン電源変換ケーブルが無いまま組み立てを敢行してしまいました。

 敗れました。(結論早っ!)

 CPU、マザーボード、ビデオカードの3種以外は古いパーツをそのまま流用ですから、換装作業はアッと言う間に終わりました。

 HDDは古いマザーボード(A7N8X-Deluxe)はSilicon Image社のSATA RAIDチップ「Sil3112A」がオンボードで搭載されておりRAID 0で使用していました。

 実は「LANPARTY UT nF4 SLI-DR Expert」には同じSilicon Image社のSil3114が搭載されているのです。

 ということは、やってみたくありませんか?

 「そのままつないだら、何もしなくても読み書きできるんじゃないだろうか」と。

 マザーボードを交換した場合にはOSの再インストールが必須となりますが、そこはそれ試す価値はありますよね。

 ということで、やってみました。

 ・・・。

 敗れました。 orz

 ストライプセットを認識しますが、データを読みにいく気配がありません。

 まあ、組み替えたらnForce4 SLIチップセットの方のSATA RAIDに繋ごうと思っていたので別にいいんですけどね~だ。ヘヘン!

 子供かアンタ。

 ということで、HDDをチップセットの提供するSATAポートへ繋ぎ変え、NVIDIA RAIDのBIOSでRAID 0を構築しました。

 このRAID BIOSは、「MediaShield IDE ROM BIOS 5.50」と表示されます。
 でもなんで、IDE?
 SATAでしょ?
 まあ、IDEとSATAの両方に対応しているようですが・・・。
 それなら「IDE/SATA ROM BIOS」てカンジにしたらいいのにね。

 2台のHDDは、4つあるSATAポートをどう組み合わせればよいのかイマイチわからないので、1番と3番に繋いでみました。

 SATAはIDEとちがいマスター/スレーブの概念が無いためどう繋いでも関係なさそうですが、BIOSの設定メニューなどではSATAポートの1と2、3と4がペアになってる風なので「とりあえず散らしてみた」のです。

 さて、再起動です。

 BIOSの起動画面のが表示された後、

MediaShield IDE ROM BIOS 5.50Copyright (C) 2005 NVIDIA Corp
Detecting array...

 止まっちゃいました。

 前回、起動時の写真にあった“LANPARTYのロゴ画面”は速攻で「表示しない」にしました。
 あんなもの百害あって一利なし。
 起動時の重要な情報を見逃す原因になるだけデス。

 う~ん。どうして。

 BIOS設定では、IDEの方のRAIDはDesableにしてるんですけどねぇ。

 ということで、BIOS設定でオンボードIDEを全てDisableにしてみました。

MediaShield IDE ROM BIOS 5.50Copyright (C) 2005 NVIDIA Corp
Detecting array...

 また止まりました。 orz

 う~ん。

 Detecting arrayで検索すると、う~ん、結構報告されてますね。

 でも、イマイチ解決法が特定されてないようです。

 自力で解決するしかないですカ・・・。

 まあ、しょうがない思いつく限り試してみましょうよ。

 ということで、Sil3114側に繋ぎなおして再起動です。

 BIOS設定も「Sil=あり」「NVIDIA=なし」にしましたヨ。

 Sil3114のBIOSが、RAIDセットを見つけました。

 NVIDIA側でRAIDセットを構築しても、Silicon Image側で設定したRAIDセットの情報は消えてないんですね。

 それじゃあ、ということでSil3114のBIOSでRAIDセットを消し、再起動後にNVIDIAのBIOSでRAIDセットを消し、もう1回再起動して再度NVIDIAのBIOSでRAIDセットを作り直しました。

 当然、BIOS設定も「Sil=なし」「NVIDIA=あり」にしましたヨ。

MediaShield IDE ROM BIOS 5.50Copyright (C) 2005 NVIDIA Corp
Detecting array...

 止まりました。 orz

 HDDのSATAポートを1番と2番に繋ぎなおして、Gene BIOS Settingsメニューの中のInternal Phy SATA 3/4をDesableしました。

 さらに、Standard CMOS Featuresで、2台のHDDおよび1台のDVDスーパーマルチドライブ以外のポートを、ことごとくDisableにしました。

 できることは、もうコレで最後よ・・・。

MediaShield IDE ROM BIOS 5.50Copyright (C) 2005 NVIDIA Corp
Detecting array...
0 Healthy NVIDIA STRIPE 149GB
Press F10 to enter RAID setup utility...

 5秒ほど待って、べろべろっとBIOSの表示するハードウェア・リスト画面に変わりました。

 通った!

 ピコッ。

 再起動しました。 orz

 そのままみてると・・・同じところまで来て・・・ピコッ。

 再起動しました。 orz

 ハッハッハッハッハ・・・はぁあ。

 ということで、なんとかRAIDセットは認識させられたものの、マザーボードの電源コネクタが24ピンなのに、電源ユニットは20ピンという、4ピン余らせた状態で繋いだんじゃ肝心のところで力を出せないということですネ。

 いや、でも、もしかしたら電源ユニット自体の容量不足って可能性も。
 となると・・・買い替え?

 いやいや、そんな怖いこと考えないでおきましょうヨ。

 メモリの相性問題の可能性もあるよ。
 メモリを買い替えるなら、いっそSocket AM2まで待てばよかったってことに?

 そんな妄想してたらキリ無いっすよ。

 ということで、早急に20ピン→24ピン変換ケーブルを買ってこなければなりませぬな。

スポンサーサイト
FC2 managemented












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yaroespage.blog121.fc2.com/tb.php/24-324a6a20

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。