FC2ブログ

yaroespage::weblog

自作パソコンとその他もろもろの、ヨモヤマバナシです。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
FC2 managemented

LANPARTY UT nF4 SLI-DR ExpertとAthlon 64 X2 3800+ ゲットしました、「LANPARTY UT nF4 SLI-DR Expert(DFI)」と「Athlon 64 X2 3800+(AMD)」。

 結局、「GF 7600GS-Z/256D3/2DVI/PCIE(Galaxy)」と同じくPCワンズで買いました(通販)。

 LANPARTY UT nF4 SLI-DR Expertは、通常22,000円~25,000円で売ってるようですが、展示現品限りということで19,800円とリーズナボーな値段でゲットしました。

 当初は(5/10の記事に書いたとおり)ASUS A8N-SLI SEとかそのへんにするの予定だったので、トータルで5,000円ばかし予算オーバーになっちゃっいました。

 とはいえ、LANPARTY UT nF4 SLI-DR Expertはここ(OVERCLOCK WORKS)とかここ(アキバ総研)とかにもありますとおり、「オーバークロック耐性が高い」という評価を持つマザーボードです。

 中でも私の琴線に触れたのが「100% Japanese Capacitors」の文字。

 大電流が流れ高発熱となっている昨今のPC事情に相反し、価格競争の名の下に二級品的、三級品的な部品を使用する製品が横行するようになり、一部の粗悪なマザーボードでは基板上のコンデンサが膨張・液漏れといった不良を起こすことがあるというじゃありませんか。

 しかし、このLANPARTY UT nF4 SLI-DR Expertは、基板上にざっと数えて80個はあるでしょうかねぇ、それらのコンデンサ(英語ではCapacitor)が全て日本製なので安心というワケです。

LANPARTY UT nF4 SLI-DR Expertの箱の中身

 で、中を開けると、黄色のスロットというド派手なマザーバード本体もさることながら、大量の添付品にビックリ。

 色の方は、購入前に写真で見てましたからね。

 まずは定番のマニュアル、CD-ROM、RAIDドライバの入ったFD、I/Oパネル、SLIブリッジ、FDDケーブル1本、ATA100ケーブルが2本、SerialATAケーブルなんか4本も入ってますヨ。

 通常のペリフェラル電源(赤黒黒黄のコードに白い半透明のコネクタが付いたアレですよ)からSerialATA電源に変換するケーブルもHDD 4台分付いてます。

 Sofmap 広島店の閉店セールで同様のものを買った私の立場は・・・。

 あと、サウンド部分が別パーツになってます。

 サウンドの端子部分が別になってて、I/Oパネルにネジ止めするってヤツじゃないですヨ。

 そんなん不思議でも何でもありません。

 サウンドICが載った基盤が別パーツになってるんですヨ。

 なんでも、パワーユーザはPCIの高品位サウンドカードを購入することが多いので、その場合にオンボード・オーディオが物理的に切り離せるようにするためなんだそうデス。

 くっはぁ!

 まあ、私のように半分以上ミーハーなキモチでこのマザーボードを買った者には関係のないことですけどね。

Athlon 64 X2 3800+の箱の中身

 で、いちおうコチラがAthlon 64 X2 3800+の箱の中身デス。

 う~ん、え、と、リテールクーラーが無骨デス、ネ。

 あ、そうそう、今回購入したLANPARTY UT nF4 SLI-DR ExpertとAthlon 64 X2 3800+は、どちらもCDF販売が取り扱ってる製品ですネ。

 CFD販売といえば、私も持ってる「玄箱」とかの「玄人志向」ブランドはこの会社が展開しているのですよ。

 オーマイガッ!

 タイヘンなことに気づきましたよ!

 イマドキのマザーボードは24ピンの電源コネクタじゃないですか。

 私の電源はイマイチ古い製品なので20ピンなんですよ。

 さすに、Pentium 4の発売後の製品なので、ATX12V(いわゆる「田コネクタ」)は付いてますが・・・。
 げ!
 今見たら、4ピンのATX12Vじゃなくて、8ピンのEPS12Vのコネクタぢゃないですか!
 あ、でも、マニュアルによると4ピンのATX12Vでも良いようなことが書いてある。
 ほっ。

 Sofmap 広島店の閉店セールでは、SerialATAのケーブルなんかじゃなくて、電源の24ピン→20ピン変換コネクタを買うべきでしたヨ!

 せっかく目の前にパーツがあるのに、週末まで組み立てられないのん?

 私の会社は郊外にあるので、仕事帰りに買って帰る(またはチョコっと抜け出して買う)ってのができないんですよ。

 でも、24ピンに20ピンを挿しても(4ピン足らない状態でも)動くとか情報もあるし・・・。

 とりあえず、やるだけやってみようかなぁ。

 悩み多き今日この頃です。

スポンサーサイト
FC2 managemented












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yaroespage.blog121.fc2.com/tb.php/22-a82e0d79

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。