FC2ブログ

yaroespage::weblog

自作パソコンとその他もろもろの、ヨモヤマバナシです。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
FC2 managemented

 PCが、また起動しなくなりましった。

 前回の不具合時にマザーボードを(型落ちとはいえ)新品に交換したのです。

 Windows Vistaの再認証でマイクロさんとこの中の人と電話で話もしましたヨ。

 今度は男性でした。

 メモリにしても、電源ユニットにしても、とにかく「俺PC」と同規格のパーツは「妻PC」から外してきたり、押入れの奥で捨てられずにとっておいた予備品を使うなりして全部試しましたサ。

 CPUの以上発熱かもしれないって、グリスも何度も塗り直しましたサ。/p>

 これはもうCPU自体の故障とした思えません。

 もしくはPCケースです。でも、ありえる? ショートすか? 漏電すか?

 でも、もしかしたら、ケチケチとマザーボードだけ買い換えたのが悪かったのかもしれない・・・と、キヨミズの舞台から飛び降りる覚悟でネット通販しました。

 Phenon II X4、AMD890GXマザー、メモリ2Gx2、そ・れ・と、Windows 7 pro.DSP(FDDセット)です。

 最後のはめっさ悩みましたが、そろそろVistaを卒業したくて・・・。

 で、本日届きました!

 妻より“ブツが届きましたメール”が届き、残業もソコソコに切り上げて帰宅。

 早速組み立てて電源投入しましたともさ。

 直った。直った。うひひ~ですよ。

 経験則ですが、イマドキのWindowsは、デバイスドライバ類をちゃんと再インストールしてしまえば、ハードウェアがごっそり変わってしまっても問題なく動作します。

 Windows 7にする前に、とりあえず、Windows Vistaの状態でバックアップできるものはバックアップしておかないといけません。

 CPUからチップデットからごっそり変わっちゃいましたから「3日以内に再アクティベートしろ」と言ってきます。今回はWindows 7に変更する予定ですので、再アクティベートはしませんが、ここでウィザードの指示に従って再アクティベートすれば問題なく使えちゃいます。

 で、マザーボードについてきたCD-ROMからドライバをインストールでして再起動・・・のつもりがシャットダウン(電源OFF)してしまいました。

 「おいおいなにしよん」と自分ツッコミしつつ電源ボタンを押したら起動しないじゃないデスか!(泣)。

 それから1時間近くあれよこれよと試行していたら何とか起動したので「今のうちに」とblog更新しています。

 さあ、もう疑う部分はPCケースしか残ってないデス。

 今回は、マザーボードを固定するネジに絶縁ワッシャーを挟む/挟まないの両方まで試しましたヨ。

 あ~何でこうなっちゃうんでしょう??

 教えてエロい人!

スポンサーサイト
FC2 managemented

 いやあ、いろいろ悩みました。

 結局、これが原因でないかというのを特定しました。

 電源スイッチの不良です。

 先日より、会社で、PCというものについて世間様に比較して一線を越えてしまった知識を持っている仲間たち(つまり自作系PCユーザ)に私が悩まされている症状を伝え、いろいろ推論を交わしていたワケです。

 で、今日、Super Socket 7の頃からの自作系仲間であるU君(年下)との会話で、「電源ボタンがショートされている可能性は試しましたか?テスターを当てたら分かりますし」ってなのがありました。

 そのときには、「コンセントを抜いて電源ボタンを長押しして放電とかいろいろ試したら起動するし、一度起動したら何時間でも動作するんだよ。まったく起動しないんならともかく、何十回かに1回は起動するからそれはないんじゃない」と答えたんです。

 コンセントを抜いて電源ボタンを長押しして放電とは・・・PC筐体内部に静電気などがこもってしまい、PCが起動しなかったり誤動作したりするのを解決する方法。“良識的PCユーザ”を自負する者の間では「都市伝説なんだけど・・・」とか「オカルトじみて聞こえるかもしれないけど・・・」とか前置きしないと話せないたぐいのモノとして扱われていましたが、最近ではメーカーのFAQでも本気で取り上げられていたりするのデス。

 で、本日もやっぱりPCが正常に起動しなかったので、(家族の手前、夕食後まで待ちましたが)PCのカバーを外して電源スイッチから伸びた端子をマザーボードから引っこ抜き、その端子に2cmくらいに切断した針金を指し込み(こうしないとテスターを当てられないのでネ)、そこにテスターで導通を調べてみると・・・しっかりショートしてました。

 つまり、この押しボタンは、私が押さなくても電気的にはずっと押したままの状態にあったワケです。

 

 氷解。

 

 これなら、電源を投入してもややあって(つまり4秒後)にシャットダウンしてたのも説明がつきます。

 また、この電源ボタンは(多くの電源ボタンがそうであるように)押したとき「カチッ」と音がして押しましたね感が体感できるように板バネのようなものが仕込んであります。

 PCの電源は、俗に「ワンショット」と呼ばれる、押したときだけ通電され離したら切断されるプッシュボタンが採用されています。

 で、経年劣化により押しボタンを元に戻すためのバネが弱くなり、このカチッと音がする構造の抵抗に負け、押し込まれたスイッチが完全に元に(通電から切断に)戻らなくなってしまったようです。

 たまに正常起動したのは、何度か電源スイッチを押しているうちに、たまたまカチッと元の位置(切断位置)に戻った時だったのでしょう。

 やれやれ。

 でもまあ、現時点では状況証拠のひとつにすぎませんので、とりあえずは様子見ですけどネ。

FC2 managemented
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。