FC2ブログ

yaroespage::weblog

自作パソコンとその他もろもろの、ヨモヤマバナシです。

 我が家の玄箱のIPアドレスは、玄箱うぉううぉう♪さんとこのDebian化パッケージをいただいたときからのデフォルトで、192.168.0.100で運用しています。

 telnetdやらWebminやらApacheやらSambaやらと何度も入力(もしくは選択)させられていますから、それこそ指が覚えている状況です。

 これが、今日から192.168.24.100に変わります。

 その理由はひとつ前の記事に詳しいです。

 ある意味、最大多数の最大幸福のためですから仕方がありません。

 末尾1バイトを100のままにしたのは、ささやかな抵抗です。

 で、Linux(Debian)でのIPアドレスの設定方法なんかとっくの昔に忘れていますから、グールグルしながら直していきます。

 当然、玄箱を設定している間は、「俺PC」は192.168.0.2とか玄箱と同じネットワークセグメントに手動で設定しています。

 ということで、ぼつぼつ、と。

 /etc/network/interfaces ・・・ 玄箱のIPアドレスを決定している総元締めデス。

# Used by ifup(8) and ifdown(8). See the interfaces(5) manpage or
# /usr/share/doc/ifupdown/examples for more information.
iface eth0 inet static
address 192.168.24.100
network 192.168.24.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.24.255
gateway 192.168.24.1

iface lo inet loopback

auto eth0 lo

ここより先に無線LANのルーティング(ブリッジ)に関する設定を書いて
いましたが、本物の無線ブリッジを手に入れたので消しました。

 /etc/hosts ・・・ 名前解決用ファイルその1デス。

127.0.0.1	localhost 
192.168.24.100	KURO-BOX

ここより先は、IPv6に関する設定が記載されていますので、そっと
しておきます。障らぬ神にたたりなしってヤツです。

 /etc/resolv.conf ・・・ 名前解決用ファイルその2デス。

search
nameserver 192.168.24.1

 設定をひととおり書き換えたので、玄箱をリセットします。

 その間に、「俺PC」の設定も変更し、DHCPにより新しいIPアドレスを受け取ります。

 さて、と。

 玄箱にtelnet・・・TeraTermProを起動して192.168.24.100・・・。

 「接続が拒否されました」

 Oops! もしかして!?

 「拒否(deny)」ってことは、/etc/hosts.deny(もしくは/etc/hosts.allow)の設定を変えてない・・・。

 /etc/hosts.denyおよび/etc/hosts.allowは、アクセス制限(許可)を記述するファイルです。

 かすかな記憶によれば、/etc/hosts.allowに192.168.0.0/255.255.255.0以外のアクセスに制限する記述をしたような・・・。

 つーか、事実が「そうだ」と言っている!

 Windowsでは何かをインストールしたりするたびに簡単に再起動して続き、再起動して続きって感じに作業してしまいますが、Linuxでは設定の変更が一段落するまではリセットせずに粘りまくるのが常識みたいです。・・・忘れてるって!

 さあ、どうしましょ・・・。

 とりあえず、ほかのサーバは大丈夫でしょうか?

 Webminは・・・Webブラウザでhttps://192.168.24.100:10000・・・繋がりました!

 Webminは/etc/hosts.allowの影響外のようです。

 でも、喜んでばかりはいられません。

 うちのWebminは、なぜかApatcheサーバとSambaサーバの設定しかいじれません。

 「よく分かんないけど、困ってないからいいや」な~んて理由で放っておいたのが今になって悔やまれますが、いまさら言ってもしょうがない、なんかいいアイデアはないでしょうか。

 ピピ~ン!

 Sambaで玄箱のハードディスクを、まるまるルート権限で共有したらどう!?

 そうすれば、/etc/hosts.allowだろうがなんだろうが、Windows側からメモ帳かなんかで書き換えられるじゃん!!

WebminでSabma

 果たしてこの作戦は功を奏し、まんまと/etc/hosts.allowの書き換えに成功しました。

 玄箱を再度リセット後にtelnetしてみたらば・・・・・・ログインできました!

 うひひのひ。

 ・・・はあ。

スポンサーサイト
FC2 managemented
| ホーム |