FC2ブログ

yaroespage::weblog

自作パソコンとその他もろもろの、ヨモヤマバナシです。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
FC2 managemented

 Linuxは、Windowsと違っていろんなソフトウェア会社(や任意団体など)からリリースされています。

 それらのソフトウェア会社(や任意団体など)を「ディストリビュータ」と呼び、提供されるLinux製品のことを「ディストリビューション」と呼んでいます。

 個々のディストリビューションの違いが微妙なのならそれほど問題にはならないのですが、実際には結構違うので、どのディストリビューションを採用するかという問題は、実は、結構重大な問題だったりするのです。

 この辺が、Linuxが一般受けしない理由のひとつなんじゃないかと思ってるのは私だけではありますまい。

 まぁ、Linuxが一般受けしない理由なんてのはこれから先、続々と出てくるでしょうから(*ためいき*)、話を進めましょう。

 今回私が選択したのは「Fedora Core 2」というディストリビューションで、もともとRedhatというディストリビュータが配布していたRedhat Linuxの後継品です。

 Redhatはサポート料金でウハウハなエンタープライズ向けLinuxに特化し、貧乏くさいPC向けLinuxをFedora Projectに移管してしまいました。

 Fedora Core 2は、そのFedora ProjectからディストリビュートされたLinuxの2世代目にあたり、Linuxカーネル2.6という賢そうなカーネルが採用されています。

 カーネルだけじゃなくて、Sambaが3.0になっていたり、ファイアーウォールがデフォルトで有効になったりと結構エラくなってます。  ただし、WindowsとデュアルブートにしてるとWindows側のファイルを壊すおそれがあるというのが珠にキズです。  (私はデュアルブートにするつもりはありませんからスルーしましたが、そのつもりのある人は要チェック項目ですよん)。

 んで、Fedora Core 2を選んだ理由なんですけど、かな~り以前のことになるんですが、当時、何を思ったのかもはや思い出せないのですが(笑)、Redhat Linux 9をダウンロードしてCD-Rに焼いてたんですよ。

 CDラベルまで自作して貼り付けてて、すごい力の入れよう。

 その割りに、どのPCにもインストールしていないのが不思議なんですが(ここら辺が「謎」である由来です)、思い出してゴソゴソ探してみたらキレイなまま出てきましたので、今回譲り受けたこのノートPCにインストールするのに「これ(Redhat Linux 9)で良いじゃん」と気楽に決断したのが始まりとなります。

 で、早速インストールを開始したんですが(Redhat LinuxはCD-ROMからブートしてインストールを開始できます)、1枚目のCD-R(Redhat Linux 9はCD-Rで3枚もあるんです!)が壊れたのかインストーラは起動するんですが、いざインストールを開始しようとするとエラーを吐いて止まるんです。(お、さっそくLinuxユーザ的な言い回しですね)。

 しょうがないので、俺PCを起動して、1枚目のISOイメージをダウンロードし直そうとRedhatのWebサイトをウロウロしているときにFedora Coreの存在を知り、「どうせなら最新版で」と、Fedora Core 2をダウンロードしたというわけです。

 ちなみに、こちらはCD-R4枚です!  ええ! CD-Rを4枚作成させていただきましたとも!  (国内のミラーサイトからダウンロードさせていただきましたが、いやぁ「ADSLで良かった」と思いましたよ。ホント)。  ちなみにDVD-R用もありましたが、ノートPCではDVDが読めないのでスルー。  DVDが読み書きできる環境にある人はそちらを作成したほうがラクちんですね。

 あ、そういえば、あまりにも当たり前のことなので特に書かなかったんですが、ここまでの間にかかった費用は、インターネット接続にかかる料金(回線使用料金やプロバイダ料金など)とCD-Rが4枚分および電気代などを除いてはすべてタダ、ロハ、無料です。

 Fedora Core 2にはWindowsのようなデスクトップ環境が2種類(GNOMEとKDE)、Cコンパイラと各種ライブラリ、高機能エディタからMicrosoft Officeとファイル互換の本格ビジネススイート、Adobe PhotoshopやJasc SoftwareのPaint Shop Proとほとんど遜色のない高機能画像レタッチソフトまで収録されてますが、それでもタダ、ロハ、無料です。

 資本主義世界にどっぷりつかった我々には、逆になんだか気色悪いような感じがしたりしますが、これがまあLinuxの世界ということで、とりあえず「タダなんだ、ラッキー!」くらいに思っておきましょうね。

 インストールも、最初こそ英語で始まりますが、最初の「Choose the language you would like to use during this installation.(何語でインストールを開始する?)」の質問に「Japanese(日本語)」で答えれば、それ以降は日本語表示になりますから、Windowsのインストールを自分でできる人なら特に問題なくインストールできてしまうくらい簡単になってます。

 ここで選択するのは、あくまでもduring this installatuin、つまりこのインストールの間だけで使用する言語です。  インストールされたFedora Core 2が日本語を自在に使える環境(つまり日本語環境)になるようにするためには、もっと先に出てくる別の質問「追加の言語サポート」の「システム標準の言語を選択してください」でJapaneseを選択する必要があります。  (もっとも、インストールで使用する言語をJapaneseにした場合は、こちらのデフォルトがJapaseneになっていますから、そのまま「次」をクリックすれば良いんですけどね)。

 あと、悩むのは「インストールの種類」と「ディスクパーティションの設定」でしょう。

 「ディスクパーティションの設定」はおまかせができますから、分かんないならそれも良いでしょうが、「インストールの種類」はおまかせがありませんから悩むところです。

 ホントは「ディスクパーティションの設定」も本気で検討するに値する項目なんですが、たかだか4GB強のHDDであ~だこ~だ言っても時間の無駄ですから、インストーラおまかせしました。

 「インストールの種類」のデフォルトは「パーソナルデスクトップ」になっていますが、これだとホントに最小構成でインストールされてしまいますので、いざ何か有用なソフトウェアをインストールしようとしたときに、まずはアレがインストールされて無いとダメとか、コレを使ってああしないとダメとか、すぐに制約が表面化しちゃうのでオススメできません。

 かといって、「サーバー」にしちゃうと必要もないパッケージがインストールされちゃうのでセキュリティ的に不安で、よほど腕に自身のある人じゃないかぎりこれまたオススメできません。

 フルインストールしたLinuxのインストール直後の状態は、Windowsのインストール直後よりセキュリティ性が低いてなことを何かで読んだことがあるので、面倒くさいから「カスタム」インストールですべてを選択するなんてやらないほうが賢明です。

 ・・・ということで、私は「ワークステーション」でインストールしました。

 あとは、そうですね、root(管理者権限を持つユーザ。WindowsのAdministratorにあたる)のパスワードが省略できないことくらいでしょうか、Windowsとの最大の違いは。

 さて、インストールが無事終了し(2時間もかかりました! CD-Rの交換が必要なので完全に放置というわけにもいかず・・・。DVDが読み書きできる環境にある人は「DVDISOをダウンロードしてDVD-Rに焼く」を強力にオススメします)、長い長い長~い起動画面を眺めていると、画面の真ん中にユーザー名を入力する欄が表示されした。

 インストールの途中で作成した一般ユーザの名前を入れてエンター、パスワードを入力してエンター。

 やっとGNOMEのデスクトップ画面が表示されました。

 コンニチワ。

 再起動からGNOMEデスクトップまで2分くらいかかります。  いくらPentium II 333MHzだからって・・・。  この起動が遅いってのもLinuxの欠点ですね・・・って、欠点ばっかり書いていたらじゃあ何でLinuxを選んだのかということにもなりかねませんから、いいことも書・・・けたらいいなぁ♥

 ということで、まぁ、繰り返しにはなりますが、Linuxだからといって特別インストールが難しいって事はありませんでしたよ。

 スゴイ、スゴイ。

 (ちょっとは持ち上げとかないと・・・汗)。

 ということで、まぁ、以下次号!

初出:2004/10/21

スポンサーサイト
FC2 managemented

 LinuxにしろWindowsにしろ、インストール直後の状態のままで利用するのは、セキュリティ的にも機能的にもあまりオススメできるものではありません。

 ということで、「さあLinuxライフを満喫しようぜ」の前に、「まずはアップデートしておこう」となるわけですが、これがなんと意外にも簡単(失礼?)なんです。

 Fedora Core 2を、わりと素直な気持ちでインストールしますと、GNOMEと呼ばれるGUI環境(Windowsのデスクトップのようなもの)が起動しますが、その右下の時計が表示されているところの横で赤い丸に白抜きのびっくりマークが点滅するのです。

 これが「更新できるパッケージがありますよ」というサインです。

 で、点滅しているそれをダブルクリックすると、Up2dateというパッケージ管理ソフトウェアが立ち上がり、最新版のパッケージをダウンロードして更新できるのです!

 なんか、WindowsにおけるWindows Updateみたいじゃないですか!

 すごいっす。

 前回、Linuxには一般受けしない理由が山積みみたいなことを書きましたが、失礼千万。
 こんなに簡単にできるなんて、Linuxって実はすっごくユーザーフレンドリーなOSじゃないですか。

 ハマりました。

 うんともすんとも反応しなくなるんですよ、アップデート中に。

 これこれコレが更新できますよ~って、百何個も出てきたので、調子に乗って全部チェックを入れて更新ボタンを押したら、反応しなくなっちゃいました。

 でも、そこはそれ、Linuxですから反応しなくなったup2dateを強制終了すればシステム自体には被害はありませんから良いんですが・・。

 さて、困りました。

 アップデートできないのはヒジョーに困ります。

 Googleで検索してみました。
 したら何のことはない、ものすごく時間がかかるだけと判明しました。

 やれやれ(苦笑)。

 で、同時にup2dateよりyumを使ったほうが良いとの情報も得ました。

 yumはコマンドモードで動作するプログラムで、up2dateと同じく更新されたパッケージのチェック、ダウンロード、インストールを自動的にやってくれるツールです。

 具体的には、

yum check-update

 で、インストールされているパッケージと更新されているパッケージ(Fedora Projectのサーバー上にあります)の比較を行いリスト化します。
 その後、

yum update

 で、更新できるすべてのアップデートされたパッケージをダウンロード&インストールするだけです。

 Fedora Projectへのアクセス集中を防ぐため、実際にはミラーサイト(riken.go.jp)を利用しました。
 利用するサイトの変更は、etcフォルダにあるyum.confファイル(これをLinux通の人たちは“/etc/yum.comf”という風に一度に書いてしまいます。最初なので分かりやすく書きましたが、私も早くLinux通を気取りたいので、以後はそう書かしてもらいます)をテキストエディタで直接編集することで変更します。

 更新パッケージのチェック中、ダウンロード中、ローカルハードディスクへの展開中、インストール中の各フェーズには、それぞれの進捗状況が英語の文章と記号文字を上手に使ったプログレスバー(もどき)で逐一表示されますので、時間がかかっているのかパソコンが固まってるのかが一目でわかって安心です。

 キーボードでコマンド(当然英語)をタイプ、すべて英語のメッセージ、記号文字のビンボーくさい進捗表示。

 Linuxが一般ウケしない理由がまた1ページ・・・。

 2時間後(タイプミスじゃないですよ)、Linux本体および基本的なパッケージがアップデートが完了しましたので、今度はWebブラウザを最新のものにすることにしました。

 Fedora Core 2に最初からインストールされているWebブラウザはMozillaなんですが、同じMozillaプロジェクトから最新版のWebブラウザFirefox 1.0 Prevew Releaseがでているので、コイツをインストールしてやろうと企てたわけです。

 もし、上記リンク先の「無料ダウンロード」にLinux版がない(Windows-日本語版とWindows-英語版へのリンクが表示されている)のは、あなたのPCにインストールされているOSがWindowsだからで、LinuxからアクセスするとLinux版のリンクに変わりますのでご安心ください・・・って営業マンかい、私ゃ。

 さて、ダウンロードして解凍したらfirefox-installerなんちゅう実行ファイルをダブルクリックすればWindowsライクなインストーラが立ち上がり、特に進行状況に文句がなければ「次へ」「次へ」でインストールが完了します。

 また、プログラムの実行も、デスクトップや左下の「足あと」のボタンを押すと出てくるメニュー(正式名を知らないんだけど、「GNOMEメニュー」って呼べばよいんですかねぇ? Windowsでいうところの「スタートメニュー」です)の中にアイコンが自動的に登録されるので、Windowsの環境と遜色ありません。

 ハマりました。

 firefox-installerが正常終了しません。

 インストールフォルダはやっぱ/usr/local/firefoxになって欲しいので、rootになって(註)インストールをしてるんですが、フォルダへアクセスする転換するときに時にエラーで止まるのです。

(註)rootになる
 linuxには「su」という他のユーザにチェンジすることができるコマンドがあります。(チェンジするユーザのパスワードを知っている必要があります)。
 「su」の後ろにはチェンジしたいユーザ名を入力しますが、省略すると最高権限者「root」を指定したことになります。
 Linuxは(UNIXの時代から)、セキュリティや誤操作への対策として、「たとえシステム管理者でもログインは一般ユーザで行い、管理者権限が必要なときに「su」コマンドで管理者になる」ということが慣例となっています。
 そのため「su」を使うケースのほとんどがはrootになるときなら、「省略した場合はrootになりたいってことで」ということになっているんだと思われます。
 (さすがは、省略が文化になっているUNIX/Linuxならではの考え方ですね)。

 ちなみに、「su」と入力すれば現ユーザの環境を引き続いだままでrootに変身!
 「su -」と入力すば環境も何もかも完全にrootに変身!
 ・・・となります。
 今回の、Firefoxのインストールに関しては後者で行ってますので、うまくいくハズ・・・なんですけどねぇ。

 しょうがないので、またもやGoogleで検索。

 Fedora Core用のFirefox RPMパッケージの作成方法をハケーン!

 RPM(Redhat Package Managimer)とは、その名のとおりRedhat系LinuxやTurbolinuxなど特定のディストリビューションで採用されているプログラムの配布形式です。
 パッケージのインストール/アンインストールやバージョン管理が楽に行えるので、採用するディストリビューションの決定に大きなウエイトを占めるだけの価値のある、ヒジョーに便利な機能です。

 上記のWebページに記載されているリンク先からゲットできるFirebfoxのTarballのバージョンは0.9.3ですが、本家の(英語)同じ記事(先程のリンクはこちらの和訳記事でした)では0.10.1が入手できました。

 やれやれ、またもや英語ですよ、英語。
 ということで、英語のページの情報であっても、ひるまず果敢にアタックする勇気と、そこに何が書いてあるのかを、ある程度、漠然とであっても読み取ることができないと、Linuxはまだまだつらいようです。

 残りのSpec FileとDesktop FileとImage Fileは上記Wenサイトからダウンロードし、とっくの昔に一般ユーザに戻った(「exit」コマンドまたは「logout」コマンドで元に戻れます)私は、コチラのページで説明されているとおり自分のホームフォルダに「rpmbuild」というフォルダを用意し、ダウンロードしたファイルをそれぞれ指定の場所に移動し、

rpmbuild -ba ~/rpmbuild/SPECS/firefox.spec

を実行します。

 「SRPMフォルダがない」と言って止まるので作成してやり、「RPMSフォルダがない」と言って止まるので作成してやり、「RPMSフォルダにi386フォルダがない」と言って止まるので作成してやり・・・。

 これで、<自分のホームフォルダ>/rpmbuild/RPMS/i386/firefox-0.9.3-1.fc1.i386.rpmが完成しました。
 パチパチパチ。

 あとは、suコマンドでrootになって、

rpm -Ivh ~/rpmbuild/RPMS/i386/firefox-0.9.3-1.fc1.i386.rpm

 やあやあ、めでたくインストールが完了しました。
 パチパチパチ。

 ま、楽勝ですな・・・・・・ハァ・・・。

 Linuxが一般ウケしない理由がまた1ページ・・・。

初出:2004/10/25
加筆:2004/10/26

FC2 managemented
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。