yaroespage::weblog

自作パソコンとその他もろもろの、ヨモヤマバナシです。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
FC2 managemented

 (Linuxをインストールしてたときを除いて)ずっとSleipnirを使っていた私でしたが、思うところがあって、メインPCである「俺PC」にFirefox2をインストールしました。

 いや“思うところ”なんてもったいつけてもしょうがないですね。

 みなまで言うと、ワタクシ、今年になってとうとうニコニコ動画にサインアップいたしまして、せっかくまた~りと過ごしていた人生をサツバツとさせたわけですが、このニコ動(新参者のクセにすでに省略形)ってCookie Offだとログインできないんですね。

 いかがわしいサイトのいかがわしいCookieを食べさせられるのがいやな私としましてはわりかしCookieをOffにするシーンがありますが、ほとんどのサイトではCookieがOnだろうがOffだろうが困ることはないんですが、少なくともニコ動はCookieがOffだとログインできないのです。

 これは、わりと(いや非常に)困ります

 Sleipnirは、TabごとにJavaScriptやJavaのOn/Off、画像の表示/非表示などのほかに、レンダリングエンジンまでも変えることができます。

 でも、CocckieのOn/Ofだけは、全てのTabに対して影響するのです。

 ああ!TABごとにCookieのOn/Offが切り替えられたらなあ!

 Sleipnirの要望事項にあります。心底、わしもそう思うのデス!

 IE7は全ての設定が全TABに影響する仕様ですから、ワガママな要求かもしれませんが、逆に言えば(Sleipniは)そこまでできるんですから期待しちゃうのです。

 せめて訪れるサイトごとにCookieのOn/Offができればなあ・・・。

 ・・・と、コレを解決するのがFirefoxだったのです。

 Firefoxは、サイトごとにCookieの受け入れをOn/Offできるのです。

 しかも、Sleipnirで慣れまくって後戻りできなくなっちゃったマウスジェスチャも(プラグインをインストールすれば)できますから、とりあえずFirefox試してみるべし!なのデス!

 たちまち(広島弁で「とりあえず/最初に/まずは」という意味です)、マウスジェスチャのプラグインをインストールしました。

 プラグインのダウンロード→インストールこそ英語ですが、設定画面は日本語になりますので安心です。

 Firefoxの魅力といえばこういった多彩なプラグインで機能を強化できることですね。

 ということで、いろいろいじってみようと思ってます。

 以下次号!

スポンサーサイト
FC2 managemented

 さてさて、いろいろあって間があいてしまいましたが、Firefoxのハナシの続きです。

 Firefoxって、Linuxをインストールしたら無理やり使かわさせられるブラウザですので、ある意味WindowsにとってのIEと変わりません。

 ですので、Linuxで遊んでたときは何度も触れていたワケで、私にとっては特に初めてでもなく、ある意味イマサラな感すらあるブラウザです。

 さらに、Firefoxってインストール直後はまったく何のとりえも面白みもないブラウザでして、IEが標準インストールされているWindowsのユーザがわざわざ好き好んでFirefoxをインストールするなんて、よっぽどへんくうなマニアか、もしくは自虐嗜好のマゾと、一見して思えてしまうくらい、インストール直後はまったく何のとりえも面白みもないブラウザなんでです。

 しかし、そんなダウナーな印象は、アドオンをインストールするまでの過渡期 的な印象に過ぎません。

 Firefoxはアドオンの選択によってカラリとその様相を変化させるブラウザだったりするんです。

 てことで、さっそく↓のアドオンをインストールしてみました。

Firefox Addons

 一番上は、マウスジェスチャを実現するアドオンです。

 会社のIEでも無意識に左ドラッグしちゃうくらいのSleipnirでマウスジェスチャに慣れきった私としては、何はさておき必須なアドオンです。

 当然、Sleipnirの時と同じジェスチャに設定を変えています。

 2番目は、お気に入りの重複をチェックしてくれるアドオンです。

 昔「お気に入り」登録したサイトなのに、すんげえ久しぶりで、かつ、Googleとかの検索エンジンで訪れると「このサイト面白れえ!」と「お気に入り登録」してしまい、「すでに登録されています!」とIEにたしなめられ、自分の記憶力の限界を思い知らされまくるワケですが、Firefoxはマヌケなのか年寄りにナマヤサシイのか、ダブって登録してもまったく指摘なくどんどん登録できてしまうのです。

 このアドオンをインストールすると、そんなぬるま湯の環境から脱出できます。

 3番目は、Cookieを制御するアドオンです。

 私がIE、というかSleipnirからFirefoxに乗り換えた理由がこれです。

 IE(Ver7)もSleipnirもタブブラウザなのに、Coocieの制御だけは、設定の変更がすべてのタブに共通して影響します。

 このCookieSafeをインストールしたFirefoxは、タブごとにCookieを制御できるようになるのです。

 4番目は、IEエンジンで描画するためのアドオンです。

 実は、閲覧者が様々なブラウザを使用していることを考慮していないWebサイトの場合、閲覧者が使用するブラウザによって表示のされ方が微妙に違ったりすることが、まま、あります。

 本来はあってはならないことですが、残念ながら現実のインターネットってのはそんな状況なんです。

 FirefoxはGeckoエンジンというレンダリングエンジンを搭載しています。

 Geckoエンジンは世界でも最高級の優秀なレンダリングエンジンに入る部類です。

 

 しかし、多くの優秀なレンダリングエンジンがかかえている弱点を、Geckoエンジンもかかえています。

 

 IEエンジンでないということです。

ですから、最大多数の最大幸福を目指すWebマスターは、なんだかんだといっても(数の論理で)世界標準的なブラウザであるIEをターゲットにWebサイトをデザインします。

 ということで、このアドオンにより、いざというときにIEのレンダリングエンジンを使用してWebを表示できるよう保険をかけているワケです。

 5番目は、3番目と似ていますが、タブごとに「画像」「リダイレクト」「プラグイン」「フレーム」「Javascript」の動作を制御できるようにするアドオンです。

 もっぱらJavaScriptのOn/Off制御に使用しています。

 6番目はとばして、7番目はYoutubeやニコニコ動画のようないわゆる動画サイトのストリーミング動画をダウンロードしてファイル保存できるようにするアドオンです。

 が、うまく動作しないので開店休業中です。

 とまあ、駆け足で説明しましたが、Firefoxはなかなかお気に入りになった私です。

FC2 managemented
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。